--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.02.08 *Sun

「対岸の彼女」 「空中庭園」 角田 光代

☆グリムス/ オゾン層破壊
「対岸の彼女」 角田 光代

私は角田光代が好きだ。何冊か読んで確信した。いずれ全部読破するつもり。

この小説は直木賞受賞作だから、このブログに来てくれる人の中にも、読んだことの
ある人がいるだろうな。

読んでからちょっと時間がたってしまったので、詳しく書けないけど、
人に惹かれて、関係に幻滅して、その後で避けるようになるか、
それとも再び近づくかって、私にとっては身近によくある葛藤だ。

幻滅といっても、相手が悪いばかりではなく、自分を含めての幻滅。
自分の逃げだったりすることも多い。
相手が近寄ってきてくれても、結局避けて、そのままにしてしまったり・・・。
逆に、相手を責めてしまって、関係を復活できず離れてしまった人もいたな。

中学・高校時代の友人との関係は濃密・濃厚だった。
私の場合は特に濃密だったと思う。
そんな友人が何人かいたけど、結局は離れて戻らなかった。

自分は深刻に考えすぎたのだろう。
この本は、そんな時代のことを思い出させて、少し息苦しい感じもした。
けれどラストは、希望がもてて良かったな。

また、いずれ再読したときに、よく考えて感想書いてみようと思う。


------------------------------
「空中庭園」 角田 光代

しょっぱな、いきなり「ホテル野猿」が出てくる。
行ったことはない(ホントよ)けど、身近だった懐かしい名前だ。

私は20歳まで東京都多摩地区に住んでいた。どこかに大きな看板があったせいか、
高校時代に何かとふざけて話題に出てくる名前だったのだ。「野猿」と誰かが言った
だけで笑う、みたいな。

「空中庭園」だったか「対岸の彼女」の方だったか忘れたが、「ハッピー・アイスクリーム」
も出てくる。「ハッピー・アイスクリーム」知ってますか?
私が小学生か中学生の頃に流行った言葉で、同時に同じことを言ってしまったときに
「ハッピー・アイスクリーム」と叫ぶのだ。
ああ、個人的に、角田さんはあまりに懐かしすぎる。

さて、本題。
「空中庭園」は、一見秘密のない家庭で、実はみんなが秘密を持っている話。
嘘だけではなく、互いの解釈の違いもすごい、虚構の家族。

子供の頃って、表面だけを繕う大人のことを許せなかったりすると思うけど、
この話にでてくる子供たちは、けっこう大人で冷めてるかな。
そこが新しかったりするのだろうか?

面白かった。作品的には「対岸の彼女」のほうが好きだけど。


**************************************************
▼今日の記録
 ・お教室
 ・レッスンの復習
 ・ストレッチ
 ・iknow5アイテム 
------------------------------
 ☆朝: トースト1枚(マーガリン)、カフェオレ、オニオンスープ、
      サンドイッチ、菓子パンを少しずつつまむ。
      ※早起きのダンナがいろいろ買ってきたから。
 ☆昼: 抜き
      ※単純に時間の都合が悪かったから。
 ☆夜: クリームシチュー、ビール
      ※1週間ぶりに料理。Natacha Atlas を聴きながら。
**************************************************

スポンサーサイト
CATEGORY : 本・映画など | THEME : 読んだ本 | GENRE : 本・雑誌

COMMENT

「ハッピー・アイスクリーム」は、知りませんでしたが、「ホテル野猿」は、なんかどっかで何度も見たことがあると思います。

…あれって、ラブホ、ですよね??
どういうネーミング・センスしてるんだか…?!

私も、実家は西のほうです。
2009/02/09(月) 00:44:57 | URL | サラ #- [Edit
あたしも
知ってます。看板も「どうよ」っていうセンスだったような・・・

「ハッピー・アイスクリーム!」って思い出した!すっかり忘れていましたが・・・なつかしいです。。

2009/02/09(月) 02:51:06 | URL | たびぃ。 #- [Edit
通勤時間のあった頃はよく本を読みましたが、家にいると激減しました。雑誌程度はいいのですが、重たい本になると、すぐページを閉じて、別のことをしてしまいます。
2009/02/09(月) 09:30:51 | URL | そよ風君 #- [Edit
のざる
だと、心の底から信じてました。
中央高速?甲州街道を走ると必ず看板を目にしてたので。

「ノルウェイの森」を読んでから一切本を読まなくなったくらげでした=3
2009/02/09(月) 15:28:02 | URL | くらげ #2SSD3uPA [Edit
私もラテモさんと同じような経験を何度かしています。
私の場合、ものすごく仲良くなりすぎてしまう人とは結局、ケンカ別れしてしまうみたい。
こうやって、中学・高校・大人になってから3人の友達をなくしましたね~。それがなぜか、いつも卒業する間近とか、引っ越す数ヶ月前とか・・・。どこかで、自分の中でキリをつけようとしているのかな・・・。

でも、相手ばかり責めてしまっていた時もあったけど、今思えが自分のプライドを傷つけられた、と思い許せない心の狭さもあったのかも・・・。

「空中庭園」。これって、映画化されませんでしたっけ?
2009/02/10(火) 00:36:49 | URL | ラーダ・ドゥーナ #- [Edit
【サラさんへ】

西の方ですか、見たことありますか、そうです、ラブホです。
茨城のほうで、「ひまつぶし」というホテルを見たことがあります。
ぜったい行きたくないですよね(^^)


【たびぃ。さんへ】

たしか、猿の顔じゃなかったですっけ?
ハッピーアイスクリームって、ある年代の人しか知らないんですよね(^^)


【そよ風君さんへ】

私も、読書は電車の中が殆どです。
通勤が電車10分だったころは、殆ど本を読みませんでした。
家にいると、他にもやることいっぱいあるんですよね。


【くらげさんへ】

私ものざる派?です(^^)
そうそう、たしか高速からも見えた気がする・・・。

「ノルウェイの森」って、はまる人とはまらない人との温度差が激しい気がする。
私ははまらない派(好きじゃない派)でした~。


【ラーダ・ドゥーナさんへ】

ああ、もしかしてラーダ・ドゥーナさん(もしくはお友達)も、白黒つけずにいられ
なかったのかもしれませんね。

今おもうと、それもお互いの幼さだけど・・・。
でも、それなりに良い経験しです。
2009/02/11(水) 00:19:48 | URL | ラテモ #K2Rmj1sE [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


☆お知らせ

管理人に余裕がないため、しばらくコメント欄を閉じます。 ただの独り言ブログになってしまいますが、 ときどき遊びに来ていただけると嬉しいです。
こちらでの出会いは私の宝です。 今まであったか~いコメントを沢山いただき、 どうもありがとうございました。



最近の記事

ご訪問ありがとう♪



カテゴリ

猫 (83)
猫の動画 (22)
昆虫、他の生き物 (11)
日々あれこれ (110)
ベリーダンス (30)
本・映画など (34)
アート (11)
お出かけ (50)
かながわ (24)
とうきょう (10)
ぐんま (4)
しずおか (7)
やまなし (2)
ふくしま (1)
ながの (1)
ライブ (7)
タベモノ (16)
モノ (7)
未分類 (0)



プロフィール

ラテモ

Author:ラテモ
なにげない日々にあるキラキラをすくいとりたい、という気持ちで書いていきます。

ラテモ:猫・生き物・本・
     ベリーダンスが好き。
ミレモ:夫。外出と車が好き。
     ここに載ってる写真はミレモ
     が撮ったものも多いです。
モモ:デレンコな長女ニャンコ(スコ)
    2006/1/28生まれ
ラテ:オキャンな次女ニャン(mix)
    2006/5/28生まれ(推定)



リンク

このブログをリンクに追加する



高尾山にトンネルを掘らないで



グリムス



blogpet



検索フォーム



月別アーカイブ



最新トラックバック



RSSリンクの表示



モンプチのキャンペーンをチェック

モンプチ オフィシャルメンバーズクラブ エスパス モンプチ



英検2級単語ドリル


英語のゆずりん



お家を探してます

いつでも里親募集中



06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
Copyright © ラテモ☆ステップ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。