This Archive : 2008年12月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.12.31 *Wed

2008を振り返って、みなさん、どうもありがとう。

ブログって、なんて素敵なことが起きるんだろうキラキラ
素敵な方々に出逢えたこと、とても感謝していますオンプP2

見に来てくださって、どうもありがとう。
拍手やコメントをくださって、ありがとう。
みなさんの生活のキラキラ(悲しいことも腹のたつことも全部含めて)を
見せてくださってありがとう。

境遇の異なる人同士が知り合い繋がることって、ものすごく大事なこと
なんだと思うようになりました
ふつつか者ですが、これからもよろしくお願いします。

来年も、みなさまにも私にも、新しい素敵な出逢いが沢山ありますように。
今ある絆は強くなりますように。
みなさまにとってよい年になりますように。

それでは、良いお年を~キラリラ
スポンサーサイト
CATEGORY : 日々あれこれ | THEME : 雑記 | GENRE : 日記

2008.12.30 *Tue

私家版 言いまつがい

昨日、言いまつがいについて載せたので、それ関連の話を思い出した。

1.同僚の言いまつがい

  お客様からの電話をとり、お名前を伺った同僚が電話口でのたまった。
  「つぼい様の”つぼ”は、骨壺の壺でいいですか?」
  そばにいた私たち同僚は、顔を見合わせた。
  案の定、むっとした声で、「一坪、二坪の”つぼ”です!」と言い返された。

2.ミレモの言いまつがい

  会社で、”三好(ミヨシ)さん”という方のミヨシはどういう字なのか尋ねられた。

  「ミは数字の三です。
   ヨシは、女の子が好きです。あ!」


  ”女”に”子”で”好き”なのに、”女の子が好き”なんて本音いいやがって・・・。

3.私の言いまつがい

  会社で、「日暮さん」という方から郵便が来た。

  当時、日暮里駅が通勤経路にあった私は、なぜかその駅名だけが頭に浮かび、
  隣の先輩に郵便を見せ
  「見てください、これ!ニッポさんですって!ニッポさんなんて、すごい珍しい苗字ですね!」
  と叫んだ。

  ヒグラシに決まってるだろ、バカ!


以上、身近な言いまつがいでした。
皆さんの周りにもお馬鹿さんはいませんか?情報お待ちしております。

CATEGORY : 日々あれこれ | THEME : 雑記 | GENRE : 日記

2008.12.29 *Mon

レオナール・フジタ展 上野の森美術館

今日は 没後40年 レオナール・フジタ展 に行ってきました。

レオナール・フジタ展の看板


レオナール・フジタは、「猫びより」という雑誌でこの絵を見てから気になって気になって・・・
雑誌「猫びより」より「猫を抱く少女」
雑誌「猫びより」より「猫を抱く少女」
この表情と毛のふわふわ具合。今にも動き出しそうです。


猫を多く描いた方だということで、他の絵も見たくて足を運んだのですが、
猫以外の作品も迫力でした。
縦3m横3mの大作4点(「構図」2点と「争闘」2点)には、何人もの裸の人間が
描かれています。
レオナール・フジタは、この絵のために、筋骨隆々なモデル50人を雇ったそうで、
描かれた筋肉がすごいです。

絵の他に、部屋の模型や、絵付けした皿、屏風(ブリキで作った飾りが付いている
可愛らしいもの)などを自作していて、奥さんや自分が着るシャツまで作ったそうです。
部屋の模型は細部まで作り込まれていて、壁には自作の絵が飾ってあり、雑巾まで
干されていました。

本名は藤田 嗣治(ふじた つぐはる)で、晩年にカトリックの洗礼を受けて
レオナール・フジタとなりました。レオナールというのは”レオナルド・ダ・ヴィンチ”の
”レオナルド”から取ったそうです。(洗礼って好きな名前をつけられるんですね)

裸婦の絵も美しく、私はかなりの絵を気に入りました。
一番気に入ったのは猫の屏風で、中央には猛々しい猫、端には落ち着いた猫が
描かれていて、たいへん魅力的でした。日本画っぽかったです。

それで気がついたんだけど、ましもゆきさんのこともあるし、もしかして私は、
日本画が結構すきなのかも?ちょっと発見でした。



2008.12.29 *Mon

2008ほぼ日手帳、ありがとう。

ほぼ日手帳を愛用している。
人気の手帳なのでご存じの方も多いと思うが、
この手帳は1日1頁になっていて、下の方に「日々の言葉」が載っている。

手帳入れ替えにあたり、2008年度版から、笑えたり気になったりしたもの
を残しておく。

***************************

・先日、風邪をひきました。仕事中にだんなさんから
 「風邪大丈夫?」というメールがきました。
 私、返信したのですが
 「大人気(T_T) 」
 という返信だったようです。

 <「言いまつがい」より>

・十年間毎日ずうっとやって、
 もしそれでモノにならなかったら、俺の首やるよ。

 <吉本隆明さんが「吉本隆明・まかないめし二膳目」の中で>

・打つのがスゴイなら、打つのだけを練習しなさい。
 守るのが好きなら、守りだけを練習しなさい。
 そうすると、お互いに「かばう」ってのが出てくるんだ。
 とりえが伸びて、ダメなところは助けてもらう。
 そうすると、友情が、出てくるじゃない。

 <萩本欽一さんが「欽ちゃん!」の中で>

・百人中九十九人が同じことを大合唱しているときってのは
 たぶん外れてるぞと疑ったほうがいい。
 むしろ、六十人、七十人が言ってるときのほうが
 リアルだろうなと思います。

 <森達也さんが「問わず語りの青春論。」の中で>

・小学校の音楽のテストでした。弦楽器が4つ並んでいる図に、
 楽器名を記入する問題。答えは、バイオリン、ビオラ、チェロ、
 コントラバス。
 クラスメイトのよしひろ君は「小バイオリン、中バイオリン、大
 バイオリン、特大バイオリン」と書きました。
 バイオリンは覚えていたのに、「小」をつけたため、それもバツ・・・。
 ずいぶん昔の話ですが、今も忘れられません。

 <「言いまつがい」より>

・昔、つとめていた会社は、遅刻のいいわけがおもしろければ
 遅刻はなかったことにしてもらえる、というすごいルールがありました。
 剛毛の彼は、枕に髪が刺さって抜けなかった、という理由で、
 遅刻をチャラにしてもらっていました。

 <「今日の言いわけ」より>

・「発明とは、99パーセントの努力と1パーセントの閃きである」っていう
 エジソンの有名な言葉を日本人は誤解しているという記事を読んだことが
 あるんです。
 日本人はあの言葉を「努力が大事なんだ」というふうに理解しているけど、
 本当は、「新しいものというのは、1パーセントの閃きがなかったら
 99パーセントの努力はなんの意味もない」ということらしいんです。

 <丸山茂雄さんが「社長に学べ!」の中で>

・「恥ずかしがり」であることは、恥ずかしいことじゃないと思います。
 ただ、いつになっても、いくつになっても「恥ずかしがり」の役割をやっている
 というのは、図々しすぎるような気がするんですよね。
 会費を免除されて宴会にいるようなものでしょう。
 だから、ぼくはできるだけ直そうとはしてきたぜ。

 <「今日のダーリン」より>

・「人目を気にしてつくられたもの」は、ほとんど、参考にならないんですよね。
 いちばん参考になるのは、人に見られるとか、どう見えて欲しいとか、
 そういうもののない景色です。

 <青木淳さんが「建築って、おもしろそう。」の中で>
 
・作品にするときには、
 愚直なまでに客観的であろうとしていることは確かだと思います。
 それぞれの立場というものを考え抜こうという
 注意深さはあるんです。

 <周防正行さんが「周防監督と話しました」の中で>

・きっと、今の時代の人たちって
 自分のルールや法律がひとつですんでる人はいないと思うんですね。
 自分の中にふたつのルールを抱えてなんとかバランスを取っていかなきゃ
 なんない。
 昔だったら、そのふたつを「本音と建て前」みたいな言い方をしたのかも
 しれないけど、そういう単純なことじゃないと思うんです。

 <糸井重里が「目よ、泳げ。そして、カツカレーを得よ。」の中で>

・「相手にとって、気持ちいいやつでいよう」って、みんながそれぞれ
 そう思いながら付き合っていたから、一緒にいて、なにをやっても
 楽しかったんだって思うんだ。

 <「よりみちパン!セ」玉袋筋太郎「男子のための人生のルール」より>

・「食べるものは、こんなにも体に影響しているのだなぁ」
 「自分の体は、クチからいれるものだけで、できているんだ」と、
 当たり前のことに気がついたんです。

 <佐藤卓さんが「日常のデザイン」の中で>

・若者の持ってる傲慢さを僕らはバカにしちゃいけない。
 僕もかつて傲慢だったことを
 よく覚えているから。

 <周防正行さんが「周防監督と話しました」の中で>

・伝わる表現は、「どうぞ、私のこのつらい経験を、たたいて、踏んで、
 好きなようにしてください」と、聞き手に、潔く、
 サンドバックのように差し出しながらも、その経験を通して、
 「何かひとつ」伝えたいことがある。
 「経験を話す」のでなく、「経験を通して伝えたい、何か」がある。

 <「おとなの小論文教室。」より>

・「チャーハンと なづけた客が タンメンを!」
 【評】年がら年中必ずチャーハンを注文する常連客に、
 中華料理店の女将がひそかにつけた愛称はもちろん「チャーハン」だ。
 その愛称を初来店から2年近くたってとつぜん、軽々と裏切ったチャーハン
 だが、女将も「!」をつけるほどおどろくことはあるまい。

 <「吉田戦車ハイエクの世界。」より >

・後輩達がやっていたミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』のリハーサルを見学。
 愛する大佐のもとに電報が届く。それは徴集兵になる命令文書。
 後輩(大佐の息子役)「おかあさま!おとうさまに、伝票です!」
 舞台の上のキャスト達も見学していた私たちもしばらく笑いがとまりませんでした。
 大佐、なに買ったんだよー!

 <「言いまつがい」より>

・歯科医院で働いていた時、外国人の患者さんが来ました。
 英語が話せない私は問診票をなんとか書いてもらおうと、
 先輩に助けを求めました。先輩は、生年月日の欄を指さし
 「ハッピーバースデーイ?」と、自信満々。
 一瞬の間があり、待合室は爆笑。

 <「言いまつがい」より>

・砂場で夢中で遊んでいた娘をようやく連れて帰ったあとに、
 娘は真顔で
 「おとなになったらモグラになって、いちにち、穴をほって暮らす」
 と言っていました・・・。

 <「ほぼ日デリバリー版」より>

・ごわーーっ!今送信したメール、
 転送するために改めて見返したら、「設置いたしました」が
 「えっちいたしました」になってるー!!
 ちょ、ちょ、どうしたらいいですか!
 本気でメールサーバーを破壊したいくらい恥ずかしいっ!

 <「言いまつがい」より>

・親に対して疑問を感じたり、親の生き方、考えをみくびったときは、
 それとおなじだけの強さ、激しさで、自分自身に対して自己批判力を
 もたなければだめなんだ。

 <岡本太郎さんの言葉「TAROのひとこと」より>

・「うちって母ひとり子ひとりだから」
 と言うつもりが、
 「母ひとり小太りだから」
 まぁ、間違ってはいないんですけどね。

 <「言いまつがい」より>

・「キレイです」「かっこいい」「美しいです」
 そのたぐいの言葉は、相手がデザイナーで、
 共通言語として感性の言葉が機能するなら使いますけれども、
 そうでない場合には使いません。

 <佐藤卓さんが「日常のデザイン」の中で>

・街って、人間の身体と同じで、
 脳みそから生殖器までなきゃだめなんですよ。

 <養老孟司さんが「13歳で大人になろう。」の中で>

・Learn as if you will Live Forever,
 Live as if you will Die Tomorrow.
 (永遠に生きるかのように学べ。
  明日死ぬかのように生きろ。)

 <読者メールより>

・「自分たちはいいことをしてる」と思っていると、
 絶対にろくなことはありません。
 「いいことをしてない人」に強く働きかけようとしたり、
 いいことをしているのだから、と、
 図々しく声高になったりしやすくなります。

 <「今日のダーリン」より>

・一人が一人を愛し続けるというのが、
 愛の理想だとは思いますが、
 一人が二人を(あるいはもっと多くを)
 それぞれのしかたで愛し続けるということも、
 人間には不可能ではないと思います。

 <「谷川俊太郎質問箱」より>

・「人をバカにしない人」であればいい。
 他の人がやってくれたことに対して
 ちゃんとありがとうって、言ったりね、
 失敗したときにちゃんと謝ったりね、
 そういうことってほんとに大切だと思うんです。

 <糸井重里が「目よ、泳げ。そして、カツカレーを得よ。」の中で>

***************************

手帳に載っているので、退屈な会議中に、よく私を救ってくれる。

言葉が載っているから利用しているわけではないが、
私にとってなくてはならない手帳。
1年間、どうもありがとう。
CATEGORY : 日々あれこれ | THEME : 雑記 | GENRE : 日記

2008.12.29 *Mon

さびしいこと。

ブログを始めて、交流をもった方が、突然更新を絶たれた。
もう一ヶ月以上たつ。
ご自身の意思ならいいんだけど、毎日更新されていた方なので、
何かあったのではないかと、とても心配。

お会いしたことはないけど、確実に大事な存在になっていた人。

オンライン上のおつきあいしかなかったので、確認する術もなく。
お元気でありますように。

*********************

妹が長くつき合っていた彼氏と別れた。
当事者である二人が一番辛いに決まってるのだが、
家族づきあいしてすっかり弟のように思っていた私達も寂しい。

 ※こんな気持ちを伊坂幸太郎さんの「透明ポーラーベア」 は
  描いていて、好きです。 ※過去記事

*********************

子供の頃、人との別れは現在感じるほどの強さではないにしろ、
想像し意識し理解できた。

でも、町並みがこんなに変わるとは、想像できなかった。
空き地や古い商店街の記憶は、幼い頃の父母や妹たちの姿を
含み思い出される。

あの風景はもうどこにもないんだな・・・。

*********************

私は可愛い服が好きだ。
レストローズやリヨンみたいな花柄やフリルのついた女の子らしい服。
たぶん、私がいまの若者だったら、ゴスロリとかやっちゃってる、痛い女に
なってる可能性がある。

数年前にそろそろ着納めだろうと思い、しばらく来ていなかった
短めフリルのスカートなどを着まくった時期がある。

その頃は同世代の友人にも同じ焦りがあったのだろうか。
服を持ち寄ってコスプレパーティーを開催することになり、
憧れのメイド服も着た。
ミレモはコスプレした女に囲まれて撮影係。
あげくはヨン様のコスプレ(変装?)をさせられ、着ぐるみまで着せられ、
さいごの方はけっこう楽しそうだった。
友人が冬のソナタに扮したミレモと私の写真を加工し、カレンダーを
作ってプレゼントしてくれたのも取ってある。
着ておいて良かった・・・♪

年齢を重ねて、さすがにもう着られなくなった。
コスプレパーティーも、もう誰もしようとは言い出さない。

けれど嗜好は変わらず、服屋でも可愛らしい服ばかりが目に入る。
最近の買い物は、ほんとうにつまらない。

*********************

親が年をとる。

ミレモのお母さんは、数年前より確実に歩ける量が減った。
私の父も、坂道などでは見るからに辛そうだ。

元気なうちに、いっぱい旅行に行こう。
いっぱいといっても、一年に一回になっちゃうけど。

*********************

ああ、なんか書いていると笑えない話まで、どんどん出てくる・・・
もうやめておこう。
CATEGORY : 日々あれこれ | THEME : 雑記 | GENRE : 日記

2008.12.29 *Mon

風のガーデン

倉本聰さんの「風のガーデン」を録りためたものを、今晩は一気に4回放送分
みました。

「人が最期に帰る場所」を描いた死をテーマに据えた話で、ドラマ完成後に
緒形拳さんがお亡くなりになったこともあり、そうとう話題になりましたね。

倉本さんのドラマには”人は過ちを犯すもの”ということと”許すことが双方を救う”という
メッセージを強く感じます。
私は過ちばかりを犯している人間のためか、倉本さんの優しさを非常に感じます。

あと2回分くらい残ってるので、明日みたいと思ってます。

*****************************

1月8日から山田太一さんの連続ドラマが始まるとニュースで見ました。

私は山田太一さんが大好きで、この方はダメ人間の美しさ尊さを書かせたら
世界一(?)なんじゃないかと思っています。

こちらも録りためて後でじっくり見ることになるでしょう。

*****************************

いいドラマに出ている役者さんは、みんな素晴らしく見えますが、
実際、素晴らしいですよね。
緒形拳さん、大好きでした・・・。


CATEGORY : 日々あれこれ | THEME : 雑記 | GENRE : 日記

2008.12.27 *Sat

本日は大賑わい

年末年始はスクールも休みになっちゃうから、
今週はちょっと張り切って、月、木、今日、そして明日とベリーダンス
レッスンです。
月曜は飛び石連休だったためか参加者8名でした。
木曜もクリスマスだったためなのか8名で、
「もしかしてイベントのせいじゃなく、寒いと生徒へるのかしら?」
なんて思ってた矢先・・・。

今日はすごい人数でした。20名弱くらいかなぁ。
ほとんどギリギリで教室に入ってる感じ。
やっぱり皆さん、忙しかったのですね。

木曜も今日もとても楽しかった。
毎回ちがうステップを教わって、そのたびに出来なくて、
家に帰って少し練習するとわかる、という感じなんだけど、
基本的なステップなので、練習すればできるようになるものみたい。

明日は新しく行き始めたスクールのほうで、3回目です。
たった1時間なので、あっという間に終わっちゃうのが残念なんだけど、
だからこそ気楽に行ける感じ。

いつも行ってる方は1.5時間。振り付けを習いたかったら、延長して
+0.5時間の計2時間。こちらは「ああ、運動したな」という感じで
汗もかく。体力づくりにはこれくらい必要だと思う。

両方いくと新鮮でどっちも楽しみ。

寒いから、お布団の中
寒いときは、お布団の中が一番。


CATEGORY : ベリーダンス | THEME : 雑記 | GENRE : 日記

2008.12.26 *Fri

明日からお休み

ミレモが今朝、クリスマスツリーとリースを片づけてた。

いたずら猫がいるから、リースは玄関に、ツリーはトイレに飾っていた。
出し入れの際だけ目に入るから、モモもラテも興味津々。
ツリーさん、また来年(^。^)屮
ちょっとだけ猫マンションに飾ってあげよう。 また来年ね~。

本日は仕事納め。最終日だというのに、仕事は忙しかった。
でも残業はしないで、日比谷に向かう。
Ribonさん*ふわふわ*日和*で紹介されていた
日比谷パティオ【青木美歌さんのガラス展】を見に行った。

Ribonさんに聞いていたけど、とっても小さなスペース。
月明かりの中の異世界みたいで、少しその場にとどまりたくなる。
日比谷パティオ【青木美歌さんガラス展】


ところで明日から待ちに待ったお休み。もちろん初日は寝坊が楽しみ。
ガラスの国の夢でも見ないかな?

CATEGORY : アート | THEME : 雑記 | GENRE : 日記

2008.12.26 *Fri

服の紐も大好き。

猫と暮らし始めて、しなくなったことが幾つかある。
たとえば、アクセサリーをほとんどしなくなった。
目を輝かせてパンチしに来るからコワイこわい。

服の紐も大好き。



CATEGORY : 猫の動画 | THEME : 猫のいる生活 | GENRE : ペット

2008.12.25 *Thu

ささやかなクリスマス

20:42、ミレモから、クリスマス仕様のデコメールがきた。

いつもは 「今から帰るよ (ビールの絵)」 なのが、
「今から帰ります (ショートカクテルの絵)」になっていた。
ささやかに盛り上がっていた。

クリスマスのプレゼント
M子さんから届いたカードとハンカチ
CATEGORY : 日々あれこれ | THEME : 雑記 | GENRE : 日記

2008.12.23 *Tue

早く基礎をマスターできますように。

昨日のベリーダンスは参加者8名と少なめだった。
飛び石連休だから出かけた人が多いのかな?とにかくラッキー。
先生にいろんなことを指摘される。
フィギアエイトで肩も動いてる、手をそよがせるとき肘が入りすぎ、手も親指
がでてる時がある・・・。すごい、いっぱい教えていただいた!
今までできてると思ってたことも全然できていない。

ミレモに話すと「きみ、そんなにできなくて、よくイヤにならないね」って
感心された。ほんとね。でも、ほんのほんの少しずつだけど、上達はしてるん
だよね。すぐに、他のできてないことが発見されるんだけど。

私は、のみこみがワルイ。教室で理解できず、一度もちかえって、一人で
あーだこーだやってみて、やっと「こうなのかな?」ってわかっていくタイプ。
もちろん、結局わからないことも多くある。

クラスで、その場ですぐに振り付けを覚えられる人が信じられない!
(たびぃ。さん、私は日本人ではないと思う・・・トルコ人かも)

私の場合、教室をでてからすぐにノートに振り付けを書く。
駅のホームやカフェで、へたっぴな絵いりで書く。
直後に書かないと、家に着いた頃には忘れてしまうから。
(今は振り付けのレッスンには出ないことにしたので、書いてない)

書けることは理解できる動きだけなので、教室で覚えられなかったことは
ノートにも書けず空白のまま。

私みたいに、覚えが悪くて、復習することでしか覚えられない人のために、
振り付けのプリントをくれる学校ってないのかなぁ。
私が見てるブログのニュージーランド在住の先生(*)は、振り付けシートを
配付されているようなので、日本にもそういう先生いるかな?と思って、
ネットで検索してみたことがあるけどみつけられなかった。
いらっしゃるかもしれない、どなたかもしご存じでしたら教えてください♪

プロ志望や体育会系のひとにとっては、職人や板前さんみたいに自分で
技を磨いてナンボの世界なのかもしれない。ただ、私みたいなタイプには、
ダンススクールもサービスで選べたらいいなぁと思う。

これは私がメインで行ってるスクールの振り付けの進みが早いから感じた
ことだけど、忙しい中がんばって週1通って自習もして、それでも振りを
ぜんぶ覚えられないのってかなりガッカリ。
「今日ぜんぶ覚えられそう!」と思って振り付けクラスに行ったら、
もう新しい曲になっていたときは悲しかった泣き顔
下手は下手なりに、一曲覚えたいのだ!

ということで、振り付けのクラスは敷居が高いので出るのをやめている。
動きができない、振りが覚えられない、一曲マスターできないの三重苦?
でレッスンそのものがイヤになってしまうのだ。

悩まないで基礎の動きができるようになったら、振り付けにも集中できるだろう。
自分である程度よし!と思えたら、振り付けのクラスにも行こう。
いつになるかわからないけど、とにかくマイペースでやっていきます。
でも、ずっと入門クラスだったらいやだな~、好きなことだし、ちょっと集中して
やった方がいいかもなぁ~。

* ゆりえのベリーダンスブログ  http://blogs.yahoo.co.jp/bellycostumenz

**********************************

今日のランチはお買い物ついでに、ムーミンオーロラカフェに行きました。
この方は、ムーミンのご先祖さまらしいです。
ムーミンカフェ


CATEGORY : ベリーダンス | THEME : 雑記 | GENRE : 日記

2008.12.23 *Tue

カーテンあけろよ

こんにちは、あたしラテ。顔が黒い方よ。

あたしは外を見るのが好き。
お外みるのが大好きだから

なのに、この家の人ときたら、たまにカーテンをあけ忘れるの。
あたしは外を見たいのに・・・。


そんなときあたしは、自分でカーテンをめくるのよ。
ほうら、こうやって、自分でめくって外を見るの。
カーテンがしまってるわ

でもね、外は見られても、ひなたぼっこができないの。
カーテンがあいていないと、お日さまが届かなくて、
あたしは寒い場所でお昼寝しなくちゃならなくなるの。


だから忘れないで、カーテンあけて出かけてね。
カーテンあけてね
CATEGORY : | THEME : 猫のいる生活 | GENRE : ペット

2008.12.21 *Sun

塩原温泉 「休庵」

・日程:2008/12/20-21
・メンバー:ミレモ、私、計2人

去年、「旅サラダ」で那須にある休庵が紹介されていました。
どうしても行きたくなったのだけど、直後は予約がとれず、
やっと行ってきました。

お部屋はとってもきれいで、高級感のあるつくり。
掘り炬燵もあり落ち着いた雰囲気で、誰かの家に来たみたいです。

寝室もトイレも更衣室もとても広く、内風呂は大人二人が入れる広さです。
露天風呂はファミリーで入れるくらい大きくて、のびのび入りました。

お風呂からでたらマッサージチェアでリラックスして、そのままウトウトして
いい気分に・・・。

そして、夕食。 料理は想像以上に豪勢でした。
IMG_1630

二人しかいないんですけど、このヒラメ、六人前くらいありませんか?
手前は山盛りのエンガワです。
(食べきれず、残した分は朝食にまわしてもらいました)


こちらはメインの海鮮焼き。
IMG_1629

ヒラメと前菜とフォアグラなどで、海鮮焼きに行き着く前に満腹になってしまいましたx
海鮮焼きは目で堪能したという感じで、むりやり食べたみたいになってしまったのが
残念です。
しかも、命であることが目立つ魚や貝。おいしく食べてあげられなかったことでヒラメや
ホタテに申し訳なく、いまひとつ気分が盛り下がりました絵文字名を入力してください

満腹になって(というか、苦しくて・・・)、ミレモは畳の上で寝てしまいました。
浴衣がはだけてパンツが見えてたので、ミレモのセクシーショットをいっぱい撮って
おきましたようしし

朝食もおいしかった!けれどリュームがありすぎで食べきれず・・・。
普段はほとんどすべてたいらげる私にしては珍しいことです。
それくらい料理が多かった!

いい旅館だったら、次は親を連れて行こうと話していたのだけど、この食事量じゃ
やめておこう、ということに。
でも、たくさん食べる人には嬉しい宿だと思います。

IMG_1696
玄関にあった箱庭

宿から車で20分くらいの場所に、 那須ガーデンアウトレットがありました。
ムツゴロウ王国の動物たちもいましたよ!


ところで、今回の旅行で印象深かったのは、夜中に目が覚めたら、ミレモが横で
可愛い顔して(私の主観。他人から見たらただのオヤジ)寝てたこと。
いつも横に寝てる人なんだけど、改めて、一緒にいることに感謝したくなりました。
結婚して12年たったのですが、最近、お互い年を取ったのか、前より労りあうように
なった気がします。

ミレモは歯を抜いた直後でしたが、特に問題なく楽しめました。
ご心配ありがとうございました。

CATEGORY : ぐんま | THEME : 温泉 | GENRE : 旅行

2008.12.20 *Sat

寒くなってくると・・・

寒くなってくると途端に、くっつき率が高くなります。
普段はケンカばかりしている2匹も急にラブラブに・・・。
仲良くしている(利用しあってる?)姿を見るのは幸せ・・・。



ところで、ミレモは昨日、歯を1本、抜きました。
数年前から、ときどき化膿し、だましだまし使っていた歯ですが、
今週悪化し、急遽抜くことに・・・。
これからふたりで温泉旅行なのですが、大丈夫なのかなぁ。

とりあえず行ってきま~す。

CATEGORY : 猫の動画 | THEME : 猫のいる生活 | GENRE : ペット

2008.12.19 *Fri

ましもゆきさん

みなさんは、ビル・ゲイツくらいお金持ちだったら何します?
私は、パトロンになりたいと思います。芸術家をバックアップするパトロン。
サロンなんかつくれたらいいのになぁ (その前にワンニャンピーハウスつくるけどね)。

なんでそんなことを言うかというと、先日、蜷川実花さんの写真展に併設されていた
project N35 ましもゆき がとっても気に入ったからなんです。
眞下由希さん、1984年生まれで、まだ24歳なんですもの。

ましもさんの絵は、繊細な線で描かれています。
日本画のような花、鳥、蛾や文様と、萩尾望都のマンガみたいな人物が
融合されていたりもします。

↓こんな感じ
  http://www.operacity.jp/ag/exh101.php
  http://www.tokyoartcross.com/event/2008/11/project-n-35.php

また見たいな。絵が欲しいな。
けれどまだ、これからの人らしく、ネットで検索しても情報が少ないです。

CATEGORY : アート | THEME : 雑記 | GENRE : 日記

2008.12.19 *Fri

よねやまひできさんのブログ

だいぶ前から見ているお気に入りに「よねやまひできさんのブログ」
があります。
何回見ても笑ってしまうお気に入りを集めてみました。

***********************************************
・7 TWINS(双子) その10 
 http://yoneyama.blog.so-net.ne.jp/2006-05-04

・明らかに気のせいではないっぽい
 http://yoneyama.blog.so-net.ne.jp/2006-02-27

・しまい忘れ II [シリーズ: しまい忘れ]
 http://yoneyama.blog.so-net.ne.jp/2006-01-20#more

・そんなんばかりがオンナじゃない 
 http://yoneyama.blog.so-net.ne.jp/2006-02-23

・7 TWINS(双子) その5 
 http://yoneyama.blog.so-net.ne.jp/2006-02-23-2#more

・7 TWINS(双子) その2
 http://yoneyama.blog.so-net.ne.jp/2006-01-29-1#more

▼こちらは上記と趣が違う真面目な記事ですが、掲載します。
 私は熊本市動物愛護センターを支持します。
・殺される犬達: AERA 12/8号 「犬ビジネスの『闇』」 
 http://yoneyama.blog.so-net.ne.jp/2008-12-12-1
***********************************************

よねやまひできのブログ http://yoneyama.blog.so-net.ne.jp/


2008.12.18 *Thu

蜷川実花展 -地上の花、天上の色-

他の方のブログで、東京オペラシティで蜷川実花展が開催されている
ことを知り、見に行った。

蜷川実花さんといえば、「さくらん」のCMくらいしか知らないのだけど、
その和の新しい色彩美に、じっくり見てみたいな、と思っていた。

そして見てきた印象は、豊かにあふれる色彩の強烈さと、異形のもの
に惹かれる人なのだな、ということ。

有名人(芸能人)のポートレートがいっぱいあった。
毒々しい写真も多かったので、最初、勘違いして、
造花/永遠の花
死者に手向けられた枯れることのない花。
恐ろしいほどの青空、暴力的な色彩、永遠を思う人々の思い、そして死。

というタイトルがこのポートレートに付けられているのかと思い、センスある
なぁと感心したら、本物の造花を題材にした写真が別にあった。
なんかちょっと残念。まぁ生きてる芸能人に向かってこんな碑文を
捧げたら失礼だよなと勝手に納得。

初期の作品では、ビーズ・小さな骸骨・突き刺す刀などのオーナメントが
貼り付けられた手作りの額縁が可愛らしかった。死とか破壊とかのテーマ
に惹かれているのだろうか。それともただ可愛くて面白いから?なんだか
どっちもありそうだな。

自分的には比較的平凡な、花、虫、空というモチーフのものが気に入った。
空に蜘蛛とか、花にカマキリとか・・・。これは、蜷川さんの作品が気に入った
というよりは、私の嗜好だが。

蜷川実花さんについては、「すごい好き」というのは感じなかったが、
「もっと知りたい」とは思った。

CATEGORY : アート | THEME : 雑記 | GENRE : 日記

2008.12.16 *Tue

リラックスヨガ

新しく通い始めた方のベリーダンス教室は、ヨガもやってます。
チケット有効期限内にベリーダンスレッスンを受けられそうになかったので、
今日はヨガのクラスに行ってきました!

本日も5名の少人数クラス。
必ず先生に指導してもらえて、できないなりに「ちゃんとやった」感がある。
いいなぁ、この教室。とっても気に入ってる。

それにしても、体は相変わらず固い~。
開脚倶楽部のストレッチのおかげで、腰は前よりは柔らかくなったみたいだけど、
その他が信じたくないくらい固い・・・。

あたし、伸び伸びよ♪
あたしなんか、伸び伸びよ♪

ところで、ヨガって、最後のリラックスタイム、けっこう熟睡してしまいませんか?
今日は、先生の言う「白い光の玉が目の前にあります、大きくなったり小さくなったり
するのをイメージして云々・・・」という語りを聞きながら、イメージすることなく眠りに
入ってしまいました。

寝てるときも伸びてるのよ
寝てるときだって伸びてるのよ

終わった後、すごく疲れがとれて、サッパリしている自分を感じました。
定期的に行くといいんだろうけどなぁ。。。

CATEGORY : 日々あれこれ | THEME : 雑記 | GENRE : 日記

2008.12.14 *Sun

ニラもマタタビ効果?!

昨晩はモツ鍋をしてニラがあったので、モモにあげてみました。



こやつ、タダの臭いもの好きか?!


CATEGORY : 猫の動画 | THEME : 猫のいる生活 | GENRE : ペット

2008.12.13 *Sat

「時代を映したキャッチフレーズ事典」

図書館で面白い本をみつけた。
「時代を映したキャッチフレーズ事典」 深川英雄、相沢秀一、伊藤徳三(著)
懐かしい広告がいっぱい(わからない世代だったらゴメンネ)。
********************************************************
 ・と、日記には書いておこう
  【1974 龍角散】トローチ
  ~なんだか印象に残ってる。

 ・ソ、ソ、ソクラテスかプラトンか、
  ニ、ニ、ニーチェかサルトルか、みんな悩んで大きくなった

  【1976 サントリー】サントリーゴールド
  ~野坂 昭如。歌った~♪

 ・あいててよかった
  【1976 ヨークセブン】セブンイレブン
  ~そうそう、閉店11時なんて、ビックリすることだった。

 ・すこし愛して ながーく愛して
  【1980 サントリー】サントリー・レッド
  ~大原麗子。たまらなく可愛かった。

 ・触ってごらん、ウールだよ
  【1981 国際羊毛事務局】

 ・タコが言うのよ
  【1983 サントリー】マイルドウォッカ樹氷
  ~田中裕子。色っぽかったね。

 ・しあわせって、なんだっけ
  【1986 キッコーマン】ポン酢醤油
  ~さんま。ポン酢醤油のある家さ~。ポン酢醤油はキッコーマン。
   うん、歌える。

 ・5時から男
  【1988 中外製薬】グロンサン強力内服液
  ~高田純次。好きなおじさんだ。
   
 ・くうねるあそぶ。
  【1988 日産自動車】セフィーロ
  ~井上陽水。昭和天皇崩御で、すぐ終わっちゃったですね。

 ・史上最低の遊園地。TOSHIMAEN
   【1990 豊島園】
  ~新聞一面を使った広告。実物はこちらのサイトで見られます

   私は、実際に新聞をひろげて、目に飛び込んできて、
   すごくビックリしたbikkuri01衝撃的だった広告。

   ”だまされたと思って、いちど来てみてください。きっとだまされた
    自分に気づくはず”


   ”つまらない乗物をたくさん用意して、二度と来ない貴方を、
    心からお待ちしております”


   ※注:エイプリルフールに掲載された広告です。

   大貫 卓也さんという方の作品で、この方は同じ豊島園の
   「プール冷えてます」や、日清カップヌードルの「hungry?」
   手がけているそうである。才能だなぁ~。

 ・玄関あけたら2分でごはん。 【1993 佐藤食品】サトウのごはん

 ・愛だろ、愛っ。 【1993 サントリー】ザ・カクテルバー
  ~永瀬正敏

 ・アクセントは頭につけるんだ 【1996 東京総合信用】トーソーシン

********************************************************

そして、時代を感じるもの。

 ・いよいよ自由販売!【1950 野田醤油】
  ~戦後、醤油も配給制で自由に買えなかった。
   やっと買えるようになって嬉しそうな主婦のイラスト付き。
   
 ・撃ちてし止まむ【【1943 陸軍省の戦意高揚ポスター】
  ~戦局の悪化を国民にひた隠し、国民に徹底抗戦を呼びかけた。

 ・鉛筆も戦ってゐる!【【1943 トンボ鉛筆】
  ~「敵性語を撃滅して全て純日本式に改めました」というコピー
    付き。

  ※この年から敵性語が改められたそうで、下記のような例が載っている。
    「サンデー毎日」 → 「週刊毎日」
    野球の「ストライク」 → 「よし」
         「ボール」 → 「ひけ」
    鉛筆の「1H」 → 「1硬」
         「HB」 → 「中庸」
         「B」 → 「1軟」

  笑ってしまうけど、真剣だから、たちが悪い。
  戦争はいけないね。私たちは流されていかないように、しないとね。


もっともっと引用したいけど、きりがないので、これくらいで。
408頁もある本で、とても面白いよ!
サントリーが多い?うん、わたし、サントリー贔屓なのにこ

時代を映したキャッチフレーズ事典時代を映したキャッチフレーズ事典
(2005/10)
深川 英雄相沢 秀一

商品詳細を見る



CATEGORY : 本・映画など | THEME : 読んだ本 | GENRE : 本・雑誌

2008.12.12 *Fri

フクロウのいる店/湯斗(ゆとう)

Kちゃんのお誘いで、休暇をとってフクロウのいる料理屋さん
湯斗(ゆとう)に行ってきました。

湯斗は神奈川県秦野市、鶴巻温泉駅から歩いて15分くらい、
住宅街の中にあります。
フクロウのいる料理屋さん湯斗(ゆとう)


お店の敷地の入り口に、ハリスホーク、ユーラシアワシミミズク、
カラフトフクロウ、シロフクロウがいます。デカイです!
鳥好きの人なら最初からテンションあがりますBrilliant
シロフクロウ(女の子)
シロフクロウ(女の子)


店の窓近くには小さなフクロウ(ウラルアウル)がいます。
とっても可愛いです。
小さなフクロウ(ウラルアウル)前
小さなフクロウ(ウラルアウル)前

小さなフクロウ(ウラルアウル)後ろ
小さなフクロウ(ウラルアウル)後ろ

お店の方によると、ただいまフクロウ1羽が家出中だそうです。
近くにはいるのですが、帰ってこず、近所の方が「今日は■■に
いますよ」と電話してくれるそうです(^o^)
早く帰ってくるといいですね♪

お店で隣になったご夫婦もやはり鳥好きで、なんとなく会話が
はじまり、話が弾みました。
北海道だととても大きい野生のフクロウを見られるからいいですよ、
夜中ですけどね、とお奨めしてもらいました。

こちらのお店、お料理はこだわりの安心食材で、鮎の塩焼きや自然薯、
梅のゼリー等、とてもおいしかったです。
駅から遠い住宅街にあり平日にもかかわらず、お客さんがひっきりなしに
訪れ、満席ゆえ帰っていかれました。行かれる方は予約必須です。

☆☆☆

それからKちゃんが調べてきてくれた旅館 陣屋にむかいました。

この旅館の玄関には太鼓があったのですが、これについてネットに
面白いエピソードが載っていました。

昭和27年に将棋の王将戦で、升田幸三が木村義雄との
対局を拒否した陣屋事件というものがあったそうです。
陣屋に行った升田さんが、玄関のベルを何度押しても関係者が出て
こなかったので、非礼だと怒って別の旅館に行き、対局はご破算に。

陣屋ではこの事件をきっかけに陣太鼓を取り付けたのですが、
升田さんはベルが鳴らないことを口実に対局を拒否したのではないか?
といわれているそうです(^^ゞ どうなんでしょうね?

ところで、日帰り入浴は、喫茶でのドリンク付きで1,700円です。
お風呂は普通だったけど、お庭や建物の雰囲気が素敵でした。
赤いもみじ、連なる赤い鳥居、お稲荷さん、池にかかる橋、池の鯉、
鯉を狙う猫(←ほんとにいたの!)。

今回出かけた場所は、うちからは2時間かからない位ですが、
ちょっと旅行気分で、とても楽しかったです。

次は、
 1.湯斗(ゆとう)でランチ
 2.弘法の里湯でお風呂
 3.陣屋で喫茶
で行ってみよう!

Kちゃん、いい場所に連れて行ってくれてどうもありがとうハート8

CATEGORY : かながわ | THEME : 雑記 | GENRE : 日記

2008.12.12 *Fri

拍手ボタンとテンプレート

クリスマス用に替えたテンプレートに、拍手ボタンがなくなっていることに、
さっき気がつきました。

今まで拍手くださった方、ごめんなさい。すみませんでした。

拍手ボタンの付いているテンプレートに変更しましたにこ

CATEGORY : 日々あれこれ | THEME : 雑記 | GENRE : 日記

2008.12.11 *Thu

セロリにまたたび効果?!

本日の夕飯は野菜がいっぱい。
セロリを洗っていたら、葉っぱを床に落としてしまった。

気づくと、モモが葉っぱにスリスリしている。
何度も何度も頭をこすりつけてる。
ヨダレもでてて、床が濡れてる。

なんだエエェッ!?!? モモ!
きみは、またたびに反応しないのに、セロリに反応するのかbikkuri01



ちなみに、セロリはセリ科、またたびはマタタビ科、キャットニップはシソ科で、別物らしい。

CATEGORY : 猫の動画 | THEME : 猫のいる生活 | GENRE : ペット

2008.12.09 *Tue

ジムトンプソンズテーブル タイランド (銀座)

土曜は、実家に行く前に銀座に行って、
ミレモがフェアレディZを見るのにつきあった。

お昼はマロニエゲートのジムトンプソンズテーブル タイランドへ。
ランチビュッフェは70分1,800円。メニューは18種類。
狭いスペースに少量ずつおいてあるため、店の中に行列ができていた。

私たちの隣のテーブルは、20代後半~30代くらいの女性4人組だった
のだけど、そのうちの1人が、「並びたくない」と言って並ばない。
他の人が並んで取ってきたものを食べてる。
仲間の女性が「ちょっと空いてきたから、いま行ってくれば?」と言っても
「えー、やだ」と言い、行かないで人の皿に手を出してる。
隣の女性の皿がカラになって、彼女がちょっと切れ気味に「ほら、一緒に
いらっしゃいよ!もう!!」と言って席をたっても行かない。

結局さいごは、他の2人に連れられるようにして並んでいたが、
・・・こんな友達、いやですね・・・。

さて、話がそれたが、美味しかった。
パクチーも、ここでは美味しかった(わたし普段はパクチーきらい)。
トムヤムクンについては、隣の4人組の一人が、
「ランチのトムヤムクンはスッキリ辛いけど、
夜にでるトムヤムクンは有頭エビで、ミソが溶けててもっとコクが
あるんだよ。そっちのほうが私は好き」と言っていた。
ああ、そっちおいしそう・・・♪

お手頃価格だし、また行きたい店ではあるけど、
あんなに並ぶのはイヤだな。
1回で食べる量をお皿にのせることができればいいけど、
皿が小さくて2回並んだし。
しかも2回目は4~5種類がなくなってって、お店の人が
「すみません、すぐお持ちします」って言ってはくれたけど、
また待ったし。もっとタイミングよく交換して欲しいと思う。

でも、また行きたい店ではある。

CATEGORY : とうきょう | THEME : 雑記 | GENRE : 日記

2008.12.08 *Mon

犬のモモちゃん

土曜はミレモの実家、群馬へ。
年に3~4回しか帰らないのに、庭に車を入れた途端、犬のモモちゃんが
キャンキャン鳴いて飛び跳ねて大歓迎。
誰でも大歓迎なのかと思ったら、その後で他の車に吠えていたので、
誰だかちゃんと認識してるみたい。車でわかるのかな?すごい偉い!

両親はプチトマトのビニールハウスに行っていて留守だった。
今回の帰郷は冬用タイヤに履き替えるためだったので、ミレモは作業開始。
働くミレモの横で、私は犬のモモちゃんと遊んだり、写真を撮ったり、ベリー
ダンスの練習をしてみたり・・・。

タイヤ交換後、ミレモとモモちゃんと散歩に出かけた。
まだ2歳くらいで、とにかく元気いっぱいのワンコ。
一緒に何回も駆けっこをしたけど、バテたのは私だけで、モモは少しも疲れを
見せなかった。モモ、楽しいでしょ!お正月にまた散歩しようね!

犬のモモちゃん
犬のモモちゃん

両親が帰ってきたので、おみやげに買っていったLa maison de TAKAGI
のケーキを食べながら楽しく雑談。夜は海鮮茶屋八幡太郎に行って、
これまた楽し美味しい時間を過ごした。

日曜は、ミニトマト・ブロッコリー・大根・柿などたっぷりいただいて帰宅。
しばらくちゃんと料理しないと食べきれないぞ!

というわけで今日の夕食は、プチトマトを50個くらい使った、トマトと鮭の
シチュー。とっても美味しい♪ミレモのパパママありがとうございます。

CATEGORY : 日々あれこれ | THEME : 雑記 | GENRE : 日記

2008.12.06 *Sat

最近の習慣

習慣の変化を列挙してみる。
*************************

【良くなったこと】

 ・ストレッチをしている。
  (開脚倶楽部のおかげです)

 ・平日夜の晩酌をやめ、呑むのは休日だけにした。
  (休肝日がない女だったの・・・)

 ・お弁当用にご飯を炊くようになった。
  (うちはオカズ中心。酒飲みはご飯不要。)

 ・週に3回位はお弁当を持参するようになった。
  (マンナンヒカリ 愛用中)

 ・ブログ書いてる。見てる。
  (素敵な出逢いに感謝♪)

【悪くなったこと】

 ・iknow(英語学習サイト)での勉強時間激減!
  (もとから少なかったのに・・・。まだ入門コースなのに・・・)

 ・睡眠時間がさらに短くなった。
  (ブログに時間がかかってるのがおもな原因。
   みなさんはスラスラ書いてるのかな?

*************************

先週は30分早起きしてジョーバ&iknowをやろうとしたけど
起きられず3日坊主になった。
ジョーバはね、去年「絶対のる!」と言って買ったからね、
乗らないと!

今週はまた違う手を試してみよう。

CATEGORY : 日々あれこれ | THEME : 雑記 | GENRE : 日記

2008.12.03 *Wed

「麦の海に沈む果実」 恩田 陸

死の匂いのする幻想的な美しい文章で始まる物語。
文章の美しさで、引き込まれた。私好みだ。

物語は学園もののミステリー。
謎が謎でしかない間は面白かったのに、どんどん
陳腐な解決へむかっている気がして、読んでいて
不安になった。結末では完全に醒めてしまった。

金田一耕助シリーズのように、発生する事件だけを
楽しめばいい物語なのかもしれない。
(あれもオチすごい無理矢理だよね・・・)

 ※あくまでも個人的な感想だが、前半すばらしくて
  後半ガッカリな作品は多い。
  そういう作品については、なんだかとても書きにくい。
  総合的には「読んでよかった」のだけど、「さいごガッカリ」
  自分の立ち位置が中途半端になるせいだろうか。。。

 ★20081205追記
  言葉足らずだったので、補足すると、序章は素晴らしくよかった。
  オチ以外は、人物もきちんと描かれてるし、恩田さんの洞察力に
  感心することもしばしば。よくこれだけの世界を構築できると思う。

  夢中で読んだので、最後が嘘かと思い、「私、何か読み誤った?」
  と心配になり、二度読み返した。
  私にとっては、すごく好きな作家が生まれそうだったのに・・・という、
  惜しい作品だった。


麦の海に沈む果実 (講談社文庫)麦の海に沈む果実 (講談社文庫)
(2004/01)
恩田 陸

商品詳細を見る
CATEGORY : 本・映画など | THEME : 読んだ本 | GENRE : 本・雑誌

2008.12.02 *Tue

「そうか、もう君はいないのか」 城山三郎

ミレモと食事に行ったら、隣で60~70代くらいの男女6名が歓談していた。
その方たちが「そうか、もう君はいないのか」を読んだ、すごく良かったと話していた。

タイトルが胸に沁みて、読むのを躊躇する類の本だが、これを機会に読んでみた。

城山さんは、大志イコール忠君愛国、大義と信じ、徴兵猶予を返上し、志願して海軍に
入り少年兵となった経験を持つ。
戦後、その大義が間違いだったことに気づき、世間からも手のひらを返したように強烈に
批判され、立ち直るのが一苦労だったそうだ。
廃墟のようになり、すべてを疑うことから始め、すべてを自分の手で作り直さなければ
ならなかったそうである。

大学生だったときに、まだ高校生だった容子さんと出逢った。
城山さんにすれば戦後はじめて燃え上がった思いだったが、2回あっただけで会えなくなった。
しかし、容子さんのことはずっと心から消えない。
忘れられなかった容子さんを、数年後、ダンスホールでみつける。
城山さんはこの再会を奇跡と書いている。
ふたたび出逢い、デートを重ねるようになり、城山さん26歳、容子さん22歳で結婚する。
なんだかこれだけでも、純愛ぶりが想像できると思う。

容子さんが病気で亡くなるまで、亡くなってから・・・全編が愛情と感謝にあふれている。
次女紀子さんによる後書きに描かれる、容子さんをなくした後の城山さんには涙が出る。


ところで、これは城山さんが亡くなる半年前くらいから書き始めたものだそうだ。
未完のバラバラだった原稿を、死後一編にまとめたとのこと。読んでいてそんな感じはした。
この本を読んで芽生えた城山さんへの敬うような愛おしいような気持ちを胸に、
次は城山さんが緻密に作り上げた小説を読ませていただこう、と強く思った。

そうか、もう君はいないのかそうか、もう君はいないのか
(2008/01/24)
城山三郎

商品詳細を見る
CATEGORY : 本・映画など | THEME : 読んだ本 | GENRE : 本・雑誌

2008.12.01 *Mon

家族と過ごす週末

週末は実家に集まって、母のバースデーパーティー。
両親、妹2人、ミレモ、私の大人ばかり6人。
たった1人の甥っ子は中2になって、今回は来なかった。
そろそろ離れていく時期だもんねなみだ
妹のダンナさんも来られなくて、参加者はいつもより少なかったが、
飲兵衛揃いのせいか?今回も大盛り上がり。

”ハイキングウォーキングの長髪男性の髪の色ツヤ”が私に似てると会社で言われた
話をすると、「卑弥呼」と呼ばれる羽目に。
  ※注:ハイキングウォーキングは、髪の長いキモワル系の男性と短髪男性のコンビ(お笑い)。
      卑弥呼は、彼のネタ。
ノリノリの妹に促され、母+3姉妹で、邪馬台国人のヘアスタイルの真似(髪を二つ
にわけ、耳のあたりで折り返すように持つ)をして「卑弥呼」と言い合いながら何枚も
写真を撮った。みんなとっくにいい年なのに、やること変わらないね~うしし

今回の母へのバースデーカードは「Gallop!」の仕掛けカードにした。
馬がGallop!Gallop!のカード。こちら初めて見る人はビックリするからおすすめ♪
 ※詳細は下記のサイトで。真ん中あたりにある動画を見ると、何なのかすぐわかります。
  http://smoothfoxxx.livedoor.biz/archives/51565526.html

Nちゃん、いつもお料理ありがとう、おいしかったはあと
Tちゃん、ワインとプレゼントありがとうにかー!
とーさま、かーさま、長生きしてまだまだ人生たのしみましょう、一緒にハートピンク

IMG_1330

IMG_1337

IMG_1345

CATEGORY : 日々あれこれ | THEME : 雑記 | GENRE : 日記

☆お知らせ

管理人に余裕がないため、しばらくコメント欄を閉じます。 ただの独り言ブログになってしまいますが、 ときどき遊びに来ていただけると嬉しいです。
こちらでの出会いは私の宝です。 今まであったか~いコメントを沢山いただき、 どうもありがとうございました。



最近の記事

ご訪問ありがとう♪



カテゴリ

猫 (83)
猫の動画 (22)
昆虫、他の生き物 (11)
日々あれこれ (110)
ベリーダンス (30)
本・映画など (34)
アート (11)
お出かけ (50)
かながわ (24)
とうきょう (10)
ぐんま (4)
しずおか (7)
やまなし (2)
ふくしま (1)
ながの (1)
ライブ (7)
タベモノ (16)
モノ (7)
未分類 (0)



プロフィール

ラテモ

Author:ラテモ
なにげない日々にあるキラキラをすくいとりたい、という気持ちで書いていきます。

ラテモ:猫・生き物・本・
     ベリーダンスが好き。
ミレモ:夫。外出と車が好き。
     ここに載ってる写真はミレモ
     が撮ったものも多いです。
モモ:デレンコな長女ニャンコ(スコ)
    2006/1/28生まれ
ラテ:オキャンな次女ニャン(mix)
    2006/5/28生まれ(推定)



リンク

このブログをリンクに追加する



高尾山にトンネルを掘らないで



グリムス



blogpet



検索フォーム



月別アーカイブ



最新トラックバック



RSSリンクの表示



モンプチのキャンペーンをチェック

モンプチ オフィシャルメンバーズクラブ エスパス モンプチ



英検2級単語ドリル


英語のゆずりん



お家を探してます

いつでも里親募集中



12
--
4
5
7
10
15
17
22
24
28
--
Copyright © ラテモ☆ステップ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。