This Archive : 2008年09月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.09.29 *Mon

「Sidewalk Talk」 本多孝好

☆ネタバレあり。

駅のホームで通りすがりに、憧れていた先輩の整髪料(?)の香りを嗅いだことがある。
誰から漂ってきたかもわからない香りに、もう何年も忘れていた淡い思いと先輩の面影が一瞬で押し寄せて、戸惑った。途轍もなく遠くに来てしまった自分を感じた。
その時に匂いの記憶のすさまじさを知った。

恋は色褪せる。
大切な記憶でさえ、渦中にいたときと同じ温度で思い出されることはほとんどない。
だけどひょんなきっかけで、大きな忘れ物をしてきてしまったような気持ちにせきたてられることがある。もう幕は降りているのに、幕をめくれば後ろにあの頃のふたりが隠れているような気がして、駆けつけたくなるような気持ち。

この小説は、そんな人間のやるせない感覚を描いていて見事だ。
ラストで主人公の全身をつきあげたであろう切なさに、たまらないな、と思う。
たまらないよ、これは。良い小説だ。

 ※↓これに入ってます。
I LOVE YOU (祥伝社文庫 ん 1-42)I LOVE YOU (祥伝社文庫 ん 1-42)
(2007/09/01)
伊坂 幸太郎石田 衣良

商品詳細を見る
スポンサーサイト
CATEGORY : 本・映画など

2008.09.27 *Sat

仲良くネンネ

猫と暮らし始めてから、昼寝することへの罪悪感が減った。

以前は、たまの休みなのに寝ちゃったトホホ感とか、寝起きの無防備な心が醸しだす寂しさでブルーになりがちだった。

今は私が寝室に行くと、猫たちもついてきて、同じ部屋で一緒に眠る。
ときどきミレモも一緒になって、二人と二匹で川の字(正確には長短4本の線)でお昼寝する。
とても優しい時間になる。


仲良くネンネ
仲良くネンネ posted by (C)ラテモ
CATEGORY :

2008.09.24 *Wed

belly dance festival 2008 (2)

belly dance festival 2008 について本日も書きます。

Tanishqさん、小豆色?に光る衣装、胸の谷間が見えて、日本人っぽくなくてキレイだった~。

ニコルさん、アマゾネスって感じで格好よかった。
こんな方がそばにいたら、「姐さん、ついてきます!」って言いたくなる感じ。

NOURAH(ノーラ)さん、鳥のさえずりの中で柔らかく舞う姿は妖精のようでした。
静と動のコントラストも印象的でした。

Huleyaさん、人魚のような衣装でした。Mishaalさんもそうだったけど、あたたかなオーラが出てる感じ。

その他に、好みがあると思うけど、おもちゃ箱をひっくり返したようなステージだった高田大サーカスとキャラバンテント&ジンタらムータさん、クレオパトラなど独特の世界を描いたエジプシャンマウさんなど印象に残ります。

さいごの小松芳さんと松屋伊那子さんは迫力で、「人生っていいな」って思わせるパワーがありました。
CATEGORY : ベリーダンス

2008.09.23 *Tue

belly dance festival 2008 (1)

belly dance festival 2008 に行ってきました!
場所は川口総合文化センター リリア メインホール。
開演14:00~とあったので、2~3時間だろうと思っていたの。
会場でプログラムをもらったら、1部から4部まであって、しかも合間に約30分ずつの休憩があって、4部は19:15スタートと書いてあるじゃない。
なに、この休憩、いらないよ~、何時に終わるんだよ~(>_<)

休憩は結局最大で45分もあって辛かったけど、ショーそのものは素敵で大満足!

特に気に入ったのは E-chan&Milla と スタジオラピス
どっちも、洗練されていてすごいクオリティー。

E-chan&Millaは人間と思えないすごい動き、腕の動きが千手観音を彷彿させたよ~。
絶対また見たい!DVD購入を検討しよう。

スタジオラピスは、きれいだったな~。オリジナル振り付けとか書いてあったし、青木香葉さんってセンスがいいのだろうな。出演された方々の美しさも、最大限引き出している感じがしました。

他にも魅力的な方がいっぱいで、衣装もキラキラ夢のようでしたキラキラ(オレンジ)

・E-chan&Milla

CATEGORY : ベリーダンス

2008.09.21 *Sun

「フィッシュストーリー」 伊坂幸太郎

「僕の孤独が魚だとしたら」
この書き出しを見ただけでワクワクした。

「フィッシュストーリー」 は、人生の幾重もの不思議なリンクを
短い話の中に素敵に書き込んでいる。「僕の孤独が魚だとしたら」というリンク、登場人物達の出逢いのリンク、未来につながる一期一会、他の伊坂作品との微笑ましいつながり。
読むと少し優しい気持ちになれる気がする。

自分と猫との出逢いを思う。
あの日がなかったら、モモと出逢えなかった。
妹が住んでいなかったら、行きもしない町だ。
店に寄る気になったのも気まぐれだし、日がずれていたらモモは店にいなかっただろう。

二匹目を飼いたいと友人に話さなかったら、ラテとは出逢えなかった。
里親募集中の猫を友人がみつけなければ、逢えるはずもなかった。

すべての出逢いが奇跡だけれど、愛猫たちとの出逢いは、より限定された可能性の糸をつないで起こった特別な偶然として胸に甦り、しみじみと感じ入ってしまう。

そんな運命の不思議な糸を紡ぐように小説にできる伊坂さんはやっぱりすごい。

フィッシュストーリーフィッシュストーリー
(2007/01/30)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る
CATEGORY : 本・映画など

2008.09.20 *Sat

Brasserie 雪乃下 (鎌倉)

今日はミレモを誘って鎌倉の「雪乃下」でお昼ご飯を食べた。
前回、鶏の炭火焼きがとても美味しかったので、
欲張って肉も魚も付く3,500円コースを試してみることに。

 ・前菜(キノコのマリネ、白いゴーヤ、サラダ、じゃがいもの冷製スープ、
      何かのムース野菜のせ)
 ・金目鯛の炭火焼き(クリームソースがかかってて、パンを浸して食べた)
 ・牛と野菜の炭火焼き
 ・焼きおにぎりのお茶漬け(カラスミがのってる)
 ・デザート3品
 ・パン
 ・コーヒー

盛りつけはシンプルで美しく、それぞれ少量で、おいしかった。
小食なミレモと食べ過ぎたくない私的には大満足。

焼きおにぎりがでるからとパンは1切れでおかわりせずにおいたら、
あまりにも小さく(1辺が2cmくらい)てビックリしたけど。

お店の雰囲気はたいへんよく、ビールもよく冷えたのが出てきます。
おすすめです。

雪乃下
CATEGORY : かながわ

2008.09.18 *Thu

「動物園のエンジン」 伊坂幸太郎

伊坂幸太郎を好きな理由のひとつは、その動物に対する思いだ。
伊坂さんがどう思っているのかは知らないが、彼の作品の登場人物は
動物と人間について様々な意見を口にする。ヒューマニズムが嫌いだ
とか、人間は最悪だとか、現実には言えないことをサラリと言う。
そして私は共感する。

この「動物園のエンジン」では、シンリンオオカミが描かれる。
動物園の檻から、たった一度だけ抜け出したことのあるオオカミ。
オオカミは目を閉じる。全身で感じたはずの自由の記憶がよみがえる。
彼の窮屈な胸の痛み。諦念の乾いた悲しみ。


私は自分のエゴで猫を飼っている。
なんの権利もないのに、狭い家に彼女らを閉じこめ、自分的には可愛がっている。
幸せにしたいと思ってる。だが、彼女らが幸せだと信じているわけもない。

せめて自由に歩ける庭を用意してあげられたらいいのに。
怖い人間もおらず、どう猛な車も走っていない庭。
木登りができて、緑の息吹とと匂いを感じて、土の感触が新鮮で、昆虫やとかげのいる庭。
ワクワクして、けれど安全で必ずお家に帰れる庭。
でも、ごめんね。そんな庭は私の稼ぎじゃ一生あげられそうもない。

ところで、この作品のおちが私は好きだ。
窮屈で厄介な痛みを抱えた登場人物達の、控えめな笑みが目に浮かんだ。
CATEGORY : 本・映画など

2008.09.17 *Wed

おもちゃ箱を覗くラテ

次はどれで遊ぼうかニャ

DSC_0132_convert_20080917213637
DSC_0132_convert_20080917213637 posted by (C)ラテモ
CATEGORY :

2008.09.16 *Tue

「絆のはなし」 伊坂幸太郎×斉藤和義

伊坂幸太郎が好きで、「斉藤和義ってだれ?」と思いながら図書館から借りた。
ページをめくるとすぐにふたりでいる写真が目に入る。
斉藤和義はいかにもミュージシャンという風貌。
伊坂さんは彼の曲を聴き作家1本でやっていこうと決心したそうだ。
さらに伊坂さんの小説を題材に斉藤さんがつくった曲があるという。
伊坂さんがその出来ににやけている。
これはどうしても聴きたい!

ということで、両方の曲が入っているベスト盤を購入した。
結論からいうと音楽はけっこう気に入った。
特に、ふたりのコラボにより誕生したベリーベリーストロング~アイネクライネ~は、
伊坂さんのひいき目だけでなく、本当に格好よかった。

私は伊坂さん本人のことはよく知らない。
伊坂さんがまったくの手放しで斉藤さんの音楽を賞賛していて、ちょっとびっくりした。
この人は気を遣いがちで他人とのちょうどよい距離を測るのが苦手なのかもしれないな、と一瞬思った。
しかし、大ファンだったら舞い上がるよな、そうだよな。

ところで、アイネクライネを読みたいが、シングルCDの特典冊子だったようだ。
いつか読めるかな。

伊坂幸太郎×斉藤和義 絆のはなし伊坂幸太郎×斉藤和義 絆のはなし
(2007/10/11)
伊坂 幸太郎斉藤 和義

商品詳細を見る



『歌うたい15』SINGLES BEST 1993~2007『歌うたい15』SINGLES BEST 1993~2007
(2008/08/06)
斉藤和義斉藤和義と玲葉奈

商品詳細を見る

CATEGORY : 本・映画など

2008.09.15 *Mon

いつものモモ

ダラダラしてるにゃ~ん

DSC_0054
DSC_0054 posted by (C)ラテモ
CATEGORY :

☆お知らせ

管理人に余裕がないため、しばらくコメント欄を閉じます。 ただの独り言ブログになってしまいますが、 ときどき遊びに来ていただけると嬉しいです。
こちらでの出会いは私の宝です。 今まであったか~いコメントを沢山いただき、 どうもありがとうございました。



最近の記事

ご訪問ありがとう♪



カテゴリ

猫 (83)
猫の動画 (22)
昆虫、他の生き物 (11)
日々あれこれ (110)
ベリーダンス (30)
本・映画など (34)
アート (11)
お出かけ (50)
かながわ (24)
とうきょう (10)
ぐんま (4)
しずおか (7)
やまなし (2)
ふくしま (1)
ながの (1)
ライブ (7)
タベモノ (16)
モノ (7)
未分類 (0)



プロフィール

ラテモ

Author:ラテモ
なにげない日々にあるキラキラをすくいとりたい、という気持ちで書いていきます。

ラテモ:猫・生き物・本・
     ベリーダンスが好き。
ミレモ:夫。外出と車が好き。
     ここに載ってる写真はミレモ
     が撮ったものも多いです。
モモ:デレンコな長女ニャンコ(スコ)
    2006/1/28生まれ
ラテ:オキャンな次女ニャン(mix)
    2006/5/28生まれ(推定)



リンク

このブログをリンクに追加する



高尾山にトンネルを掘らないで



グリムス



blogpet



検索フォーム



月別アーカイブ



最新トラックバック



RSSリンクの表示



モンプチのキャンペーンをチェック

モンプチ オフィシャルメンバーズクラブ エスパス モンプチ



英検2級単語ドリル


英語のゆずりん



お家を探してます

いつでも里親募集中



09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
19
22
25
26
28
30
--
Copyright © ラテモ☆ステップ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。