This Category : 本・映画など

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.11.17 *Tue

「フジツボ―魅惑の足まねき」 倉谷 うらら

まず、フジツボは貝じゃないって、知ってましたか?
なんとフジツボは甲殻類、エビやカニと同じ仲間で、あの石灰質の殻の
中で脱皮を繰り返し成長するそうです。
その容姿から分類学上も貝類と見なされ続け、1754年にある牧師が
フジツボは甲殻類だと気づき報告するも無視され、1830年になって
やっと認められたそうです。

フジツボは付着生物で、何にでも付くフジツボもいますが、素材を限定
して付くフジツボがいます。
たとえば鯨限定で付くフジツボは6種。その中でオニフジツボは一頭の
鯨についているものを全てあわせると数トンになることすらあるそうです。
しかも鯨は、自分の体のどこにフジツボが付いているか把握して
いて、雄同士の戦いの際に、わざとフジツボが沢山ついている部分
で相手に体当りすることがある
んですって !

作者である倉谷さんは、フジツボは不当に毛嫌いされていると憤慨され
ています。その理由はあの都市伝説にあるといいます。
この都市伝説、みなさんもご存じですよね?
「岩場でひざをすりむいたら・・・」というアレです。

日本人フジツボ研究者の9割近くがこの都市伝説を耳にしたり、本当に
ありえるのかとの質問を受けたりしているそうですが、
フジツボはヒトの体内ではいきていけません。
倉谷さんは、外国人と知り合うたびに、この都市伝説を知っているか
質問するのですが、いまだかつて出会ったことがなく、日本限定だそうです。

それから、ダーウィンがフジツボを8年も研究し、計4巻の「フジツボ総説」を
書き上げているなんてbikkuri01
ダーウィンの家には世界中からフジツボが届き、結果的に合計1万もの
フジツボを調べたそうです。ダーウィン家の子供たちは、フジツボ解剖用
にカスタマイズした顕微鏡の前で、作業に没頭する父を見て育ちました。
次男が友達に、きみのお父さんはどの部屋でフジツボするの?
聞いてしまったエピソードが残っているそうです。

作者のフジツボを語ることへの昂揚した気持ちが伝わってきて、
読者である私もワクワクして、読んでいてたいへん楽しい1冊でした。

フジツボ―魅惑の足まねき (岩波科学ライブラリー)フジツボ―魅惑の足まねき (岩波科学ライブラリー)
(2009/06)
倉谷 うらら

商品詳細を見る



▼以下、抜粋・要約。(自分のためのメモになります。興味のある方は、どうぞ)

 ・脱いだ殻は蓋板(がいばん)の間から海水中に捨てられる。
  脱皮殻はごく薄い半透明の殻のようなもの。岩場の潮だまりで
  目をこらせば、水面  を漂う天女の羽衣を見つけることができるかも。

 ・植物の蔓のような形をした脚を持つことから、蔓脚類(まんきゃくるい)
  と呼ばれる。蔓脚にはフサフサの毛が付いていて、殻の隙間から
  オイデオイデするように出し入れし、プランクトンを集めて食べる。
  開くときはパッーと扇のように広げ、再びからの中にシュッと
  ひっこめる。

 ・フジツボの大きさは数ミリ~手のひらからはみ出るサイズまで

 ・フジツボは、有柄目(ゆうへいもく)と無柄目(むへいもく)に分かれる。
  ※有柄目:カメノテ(岩場に住む)やエボシガイ(流木につく)など、
        柄のような長い部分があるものが古いタイプで、
        だんだんと柄を失う方向に進化した。

 ・フジツボは、いったん付着面から取れると、くっつきなおすことはなく、
  やがて死んでしまう。むやみにはがさないこと


 ・フジツボの仲間は恐竜以前の古生代カンブリア中期(約5億3000
  万年前)の地層から発見されている。

 ・潮間帯(潮の満ちひきがある場所)に住むフジツボ、深い海に住む
  フジツボなどいろいろ。

 ・いろんな場所に付着するフジツボもいるが、付着する素材を限定
  しているフジツボも多い。
たとえば、鯨にしかつかない、クラゲに
  しかつかない、珊瑚の中にしか住まない、ウニのトゲにしかつか
  ない、ウミガメの首筋限定、イソギンチャクを背負ったヤドカリの
  殻限定もいる。

 ・フジツボの8割近くが雌雄同体。また、自由に歩き回れず、遠く
  にいる他の個体と交尾しないとならないため、自分の体長の
  約8倍にまで伸びる生殖器を持っている。

 ・卵は親の殻の中で孵化し、しばらくはそこで育つ。これはエビ
  やカニの仲間に共通のノープリウス幼生


 ・その後、親の殻からとびだし、しばらく海の中を泳ぎ回る。
  ノープリウス幼生は明るい方を目指して活発に動き、プランクトン
  をたくさん食べて体脂肪率を上げることに努める。

 ・ノープリウス幼生はキプリス幼生に変身する。
  フジツボは環境が悪くても引っ越せない。そのため、付着場所を
  念入りにさがす。食べる間も惜しんで専念できるよう、この幼生
  には口がない。ノープリウス時代に蓄えた体内の油細胞をエネ
  ルギーとして使い、1秒間に体長の2倍進める。

 ・キプリスは付着する前にダンスを踊る。そして、水流の方向と
  逆を向いて逆立ちする。ちょうど蔓脚のむく方向が水流と逆に
  なるようにし、プランクトンを捕りやすいように付着する。

 ・付着するとキプリスは脱皮し、蔓脚を備えた幼体となる。

 ・寿命は種によってまちまち。1年~50年。
 ・クチバシカジカという魚はフジツボにそっくり擬態している。

 ・バーナクル・プレニィ(直訳でフジツボ・ギンポ)は、フジツボ
  の死んだ殻の中に住む。ただのフジツボですよ、という顔をして、
  近づいた生き物を補食する。

 ・江戸時代、日本では本草学(ほんぞうがく)という学問が花開いた。
  もともと8世紀頃に中国から伝わった薬草学が日本流に変化した
  ものと考えられるが、日本ではそれが動物、きのこ、岩石、虫など
  に波及し、博物学色の強い図譜がたくさん作られた。
  そしてフジツボはやはり貝の仲間とされている。フジツボやウニは
  「おそらく貝の仲間」といった曖昧な雰囲気漂うページに掲載されて
  いる。

 ・1845年発行の「目八譜(もくはちふ)」は、1000種近くの貝類を
  扱った当時最大の貝類図譜。「目八」とは貝という字を上下に分け
  たもので、江戸時代の人のユーモア。フジツボは粘着類の巻に掲載。

 ・フジツボの漢字表記に富士壺があてられるようになったのは、
  鎌倉時代以降。源氏物語が書かれた1000年前は藤壺だった。
  中国語でフジツボは藤壺と書き、おそらくそこから来ている。
  クロフジツボの仲間は、殻の表面に藤製品のような風合いがある。
  もしくは、蔓脚と、ツル性の植物の藤をかけたのかも。

 ・アカフジツボには比較的高い割合で白い個体が見られる。
  目八譜では、普通のピンク色をしたのを藤壺、白いのを夕顔と
  呼んでいる。源氏物語の藤壺、夕顔にちなんだのかもしれない。

 ・江戸時代の図譜「梅園介譜(ばいえんかいふ)」には、源氏物語
  54帖それぞれのタイトルを貝にたとえたものが載っている。
  フジツボも混ざっている。
  江戸時代にフジツボは美しいものとして認知されているようだ。

 ・1850年代のイギリスでは、鉄道網が各地に敷かれ、人々が
  遠くへ出かけられるようになった。鉄道の路線はたいてい都心
  から国の端にむかって伸びていて、海に囲まれているイギリス
  では必然的に行き先が海沿いの町となる。
  そんな人々を意識して、海の生物のフィールドガイド的な本が
  多数出版された。
  その多くは、キリスト教色の強いもので、海岸に生息する美しい
  イソギンチャクやゴカイなどの生き物は神様が創造したものと
  され、生物のしくみは二の次で、美しく芸術的な挿絵が多い。

 ・当時の海洋生物文学に貢献が大きいのは、フィリップ・ヘンリー・
  ゴッス。1853年にロンドンで水槽の展示を初めて行った。
  人工海水で海の生き物を屋内で飼うことを可能にした。
  ゴッスは、アクエリアムという言葉を初めて使った人としても
  知られる。

 ・ノーベル文学賞を受賞したチリの詩人パフロ・ネルーダは、
  ピコロコ(南米の巨大フジツボ)というタイトルの詩を残している。

 ・フジツボは世界の切手の絵柄になっている。

 ・日本ではカメノテやクロフジツボ、ミネフジツボが食用とされる。
  ミネフジツボは築地で殻付きキロ3000円で取引される高級
  食材。東北などでホヤなどの養殖のための浮きやロープに
  付いて何年もかかって育ったのものが市場に出る。

 ・チリでは市場に巨大フジツボピコロコが山積みされている。

 ・人類がフジツボを「汚す生物」と位置づけ、付着をいかに防ぐ
  か工夫してきた歴史は長い。フジツボの付着する生活様式が
  船や漁具などの人と関わる構造物につくと、呼び名は付着
  生物から汚損生物に変わる。

 ・集まって船底につくと、小さな凹凸は表面積を増やし、水中
  での抵抗を大幅に増す。フジツボだらけの船は、30%も
  速度が落ち、燃料費がかさむ。
  船などにフジツボが付着して速力が減退することを俗に、
  「カキがつく」という。

 ・1905年(明治38年)の日本海海戦前後が時代背景と
  なっている司馬遼太郎「坂の上の雲」にも、当時の戦艦
  にとって船底のカキが悩みの種だったと紹介されている。
  日露戦争中に日本がロシアのバルティック艦隊に勝利
  を収めた勝因にフジツボが関わっている。
  バルティック艦隊がすでに太平洋を北上してきていると
  いう意見が強まる中、日本艦隊の司令官東郷平八郎は
  「フジツボで遅くなっているはず」と、だいぶ遅い速度で
  予想した。
  本来なら途中で汚す生物を取り除くのだが、当時は日英
  同盟が結ばれていたため、イギリスが統治する港へ寄っ
  て船底をきれいにできなかった。日本の船は船底をきれい
  にして最高速度がでるようメンテナンスし、時速にして
  約3.7キロの差があったそうだ。

 ・付着防止の塗料といえば、成分のトリブチルスズ化合物
  (TBT)が生物への毒性が強いことがわかり、日本は
  世界に先駆けて1990年代には使用を自粛した。  
  TBT入りの塗料の利用が国際的に禁止になったのは
  ようやく2008年になってから。
  環境に優しい防汚塗料の開発が世界的に進められて
  いるが、付着生物を弱らせる物質がしみ出す仕組みの
  ものが主流だ。
  ただ、最近の開発動向には、海藻やウミウシなどから
  取れる天然の防汚剤を使い、さらにフジツボが付着する
  仕組みを理解することによって付着防止に応用するという
  アプローチもでてきている。
  サメには付着生物が付きにくいことから、サメ肌をまねた
  素材もあるらしい。

 ・フジツボは環境汚染を調べる指標生物にきわめて適している。
  (世界中の海に分布し、大きさがちょうと良く、けっこう長生き、
   走って逃げたりしない)

 ・フジツボの繁栄の要因は、セメントと接着機構によるところが
  大きい。
  フジツボは、テフロン加工された表面にさえ、くっつく
  ことができる。

  フジツボ・セメントは水中に液状で出され、ほどなく固まる。
  私たち人間は、水の中でものをくっつけられない。
  このフジツボ・セメントを人工的に製造し、医療用や
  水中利用  の接着剤として利用しようと、世界の研究者
  たちが試行錯誤している。


 ・「日本付着生物学会」は、イガイ、ホヤ、ヒドラ、コケムシ、
  珊瑚などの研究者が会員。フジツボ研究発表の割合は高い。
  会員230名ほど。一般人も参加できる。

 ・カイメンフジツボはカイメンに埋没して生きている小さな
  フジツボ。
  プランクトンなどを蔓脚で集めて食べるので、カイメンの
  表面から脚を出し入れしなければならない。
  だが、カイメンが成長すると、脚を出すのに使っている穴が
  塞がれてしまう。生き埋めにされないように、カイメンフジ
  ツボの蔓脚の一部にはギザギザがついていて、カイメン
  の成長にあわせて少しずつ削って穴を確保する。

  なぜそんな苦労をしてまでカイメンの中に住むことにこだわる
  のか?

 ・フジツボが嫌われる理由に、船底、発電所の冷却水取り込み
  パイプ、プラスチック製浮きなど、海水に浸っているほとんどの
  人工物にくっつくことがあげられる。
  成体を取り除くことは容易ではないので、発電所などでは
  たいてい塩素などを流して幼生のうちに処理する。


 ・付着生物に魅了されている人々の趣味としてほぼ共通する
  のが、ビーチコーミング(海岸漂着物を眺めたり拾ったり)。

  風が強い日の翌日は珍しいものが打ち上がっているので、
  強風だとワクワクしてしまうのがビーチコーマーの特徴。

 ・漂着物で、葉っぱに付着したアカフジツボの写真を見たことがある。
  不安定な葉っぱに付いているものは、キプリスのときに良い付着
  場所がみつからず、体内のお弁当も底をついたとき、海面を漂う
  1枚の葉っぱをみつけたキプリス幼生がギリギリの選択をしたの
  だろう。小さな漂着物は大海原で漂っていた頃のドラマを伝えて
  くれる。


 ・波間を漂うフジツボの移動にヒトが絡むと、事態は複雑になる。
  エルミニアスというフジツボが英国で発見されたのは1945年。
  ダーウィンはオーストラリアの種として記載していた。
  こんなにも大型船の行き来が増え、ヒッチハイクしたフジツボが
  急速に分布域を変えることをダーウィンが知ったら驚くだろう。


 ・大型船は行き先で積み荷を降ろす。軽くなりすぎた船体は不安定
  になるため、大量の海水(バラスト水)を積んで帰る。それを
  帰った先で排出し、外国の海洋生物入りの海水を捨てることになる。
  近年、バラスト水は沖の水深が深い場所に限ると規制されたが、
  それでも移入種は続々とやってくる。

 ・フジツボのセメント腺を発見したのはダーウィンで、英国王立協会の
  ロイヤル・メダル賞を受賞した。
  ダーウィンは知人への手紙に「だが私のフジツボ研究は産業のため
  応用されることは永遠になさそうだ」と記している。
  この点ではダーウィンの予想は完全に外れた。

 ・「種の起源」の結びの言葉。
  始まりはとても単純なものから、終わりなき形の変化の産物は、
  かくも美しく、今この瞬間も進化は続いている


 
  



スポンサーサイト
CATEGORY : 本・映画など | THEME : 海の生き物 | GENRE : 趣味・実用

2009.10.27 *Tue

ザ・マーガレット無事入手しました。

みなさん、風邪っぴきの私に、温かいメッセージを
ありがとうございましたz

いつももそうですが、体調が悪いときは特にジーンときます。
どうもありがとうございました。

今日は特別寒かったですね。
私は病院に行って、風邪と診断されました。
今回、お医者さんから
インフルエンザだからといって必ず高熱がでるとは限らない
とお聞きしました。
素人判断は禁物ですね。今後は微熱でも注意したいと思います。

**********************

日曜日に、ミレモが ザ・マーガレット を買ってきてくれました!
前回、杏さんの作品が載ったとき以来の購入です。
   集英社さん、杏さんの作品が載ってないと、買いませんよ!
   ・・・間違って、マーガレットを買うことはあるかもしれませんが
あはは

今回も、目次で「杏ゆりか」の名前を探してドキドキ。
だいたいのページを開いてペラペラめくって、「あ、杏さんの絵だ!」
私はもう杏さんの絵がわかるようになってるぞ。
トップページを探し当てると、キュートなメイク中の女の子のイラスト。
作品名は「グッドラックトゥーミー」、とっても前向きな、前向きになろう
としている女の子のラブストリー。
最初から読みやすく、すんなり話の中に入っていけて、杏さんらしい
優しさを感じる素敵な作品でした。
杏さん、おもしろかったですよ!

ターゲットは中学生くらいなのかな?
杏さんの作品は、メッセージがあっていいな♪
きっと読む子の胸に残る何かがあると思います。

次も楽しみにしていますオンプP1



CATEGORY : 本・映画など | THEME : 楽しく生きる | GENRE : ライフ

2009.07.07 *Tue

ハリー・ポッター読了できず。

アボカドとデレンコモモにコメントありがとうございます♪

アボカド好きな方、多いですね
Ribonさんによると、アボカドバターには切り込みが入ってて全体にバターが
しみこんでいたと教えてくれました(^^) 作られる方、参考にされてください。
Ribonさん、どうもありがとうございますオンプP2
-------------------------------

みなさんはハリーポッター好きですか?私は好きです。

去年発売だった7巻(最後の巻)を図書館で予約していて、やっと順番がきました。

ハリーポッターの本、みかけたことありますよね?
1巻は上下巻に分かれていて、1冊が500ページ以上です。
予約がいっぱいで延長不可のため、貸出期限は2週間です。

重いし持ち歩けないなぁ、読み切れないかもなぁ、
受付で本をいただいたとき、そう予感したのですが、やっぱり間に合いませんでした。
まだ上巻の2/3位しか読んでいません。

ああ、先が気になります・・・。
買ってしまうか、また予約するか、どうしようかなぁ。

*********

図書館で上下巻の本を予約すると、上巻を読み終わったけど下巻が借りられるのはまだ先、
なんてことがあります。
まちきれず、下巻だけ買ってしまった本が幾つか・・・(^^ゞ

今回はセットで借りられたのになぁ。


ハリーポッターなんてどうでもいいから、ラテと遊んでニャ。
P7040087


ハリーポッターっておいしいもの?おいしいものなら頂戴ニャ。
モモ



CATEGORY : 本・映画など | THEME : 雑記 | GENRE : 日記

2009.06.30 *Tue

「グーグーだって猫である 4」 大島 弓子 (ミケマル篇)

おこげにコメントありがとうございます♪
読みたくなった方が続出かな(^^)

「グーグーだって猫である」は今のところ4巻目まで出ているようです。
しんみりしたことばかり載ってるわけじゃなく、けっこう笑えますよ♪
今日はミケマルの話です。

----------------------------
☆ミケマル

  二ヶ月半くらいの子猫が庭に現れるようになった。
  大島さんに気づくと逃げる。

  母猫みたいな猫がくる。ミケマルは喜んで寄っていく。
  叩かれる。
  三毛猫がいる。ミケマルは鳴きながら走り寄っていく。
  威嚇される。

  ミケマルは寒さのあまり絶えず震えている。
  ご飯を食べるときも震えている。

  ミケマルは人に近づかない。
  でも、ミケマルは大島さんを見ている。
  目が合うと逃げるが、ミケマルは大島さんを見ている。

  ある日、庭に遊びに来た常連猫と猫じゃらしで遊んでいると、
  ミケマルが建物の陰からその様子を覗いていた。
  大島さんは、ミケマルにも猫じゃらしを投げてみる。逃げ腰。
  でも何度か繰り返すと、ついにミケマルも一緒に遊ぶ。

  遊び終わって、常連猫はどこかへ帰る。
  ミケマルはその後を追って行く。
  大島さんは、一緒に寝られて暖をとれるといいな、と願う。
  でも、夜中、勝手口のゴミ入れの上で震えているミケマルを発見する。
  常連猫とは一緒に寝られなかったらしい。

  大島さんは「入っておいでミケマル。うちの子になりな」と言う。
  ミケマルは逃げていく。

  そんな夜があった後・・・。
  家猫にご飯をあげていたら、ミケマルが室内の様子を窺っていた。
  大島さんは、だめもとでお皿をもう一枚用意し、ご飯をいれて窓を開けてみる。

  驚いたことに、ミケマルは部屋にあがってきた。
  そして、家猫に混ざって、ごはんを食べ始める。
  大島さんはそっと窓を閉めた。

  ミケマルは食事が終わると、部屋の中を歩き始め、机の上のざぶとんによじ登る。
  翌朝も、置物のように固まった形のまま、そこにいた。
  
  厳しい寒さのノラネコ生活から逃れて、家の中で暮らしたいという
  必死の思いだったにちがいない、と大島さんは思う。
  
  ミケマルは毎日ざぶとんの上。
  ある日、他の家猫が外出した後、大島さんはミケマルに猫じゃらしをふる。
  ミケマルは遊ぶ。沢山遊ぶ。
 
  そして一休み。
  ミケマルは常に逃げ出せる体勢で休んでいる。

  大島さんは、ミケマルに触ってみようと思う。
  おそるおそる手を伸ばす。背中に触れる。

  そのとき、その時である。
  ミケマルは全体重を大島さんの手にのせた。

  大島さんはミケマルを抱っこする。
  ミケマルは、ほおずりで返してきた。
  ずつき、ほおずり、ずつき、ほおずり・・・。
  堰を切ったように、愛情をあらわした。  
----------------------------
ミケマル絵文字名を入力してください
CATEGORY : 本・映画など | THEME : 猫のいる生活 | GENRE : ペット

2009.06.29 *Mon

「グーグーだって猫である 4」 大島 弓子 (おこげ篇)

みなさん、ラテのケガ、モモラテへの対応方法に、親身なアドバイス、励まし、
貴重な経験をお話いただいて、ありがとうございました。
心強いです、感謝ハートありがとうです。モモラテを幸せにできるよう、がんばります!

-------------------------------
図書館で昨年予約をいれた「グーグーだって猫である 4」をやっと借りることが
できました。今回も感動した部分を書きます。
ネタバレなので、ご注意くださいね。

☆おこげ
  おこげは、大島さんが庭に置いた段ボールの1つを寝床にするようになった。
  人間不信で、ガリガリに痩せていて、病気持ちのおこげ。
  たっぷりのカリカリを用意し、湯たんぽまでいれておいてあげる大島さん。
  おこげは次第に太って、普通の猫と変わりなくなった。

  それから1年後、空き家になってると思った猫小屋を大島さんが開けてみると、
  中でおこげが死んでいた。


  おこげは極端に
  人間を恐がる猫だった

  そのおこげが
  死の床にいる時
  いきなり猫小屋の戸を開けられたりしたら
  おこげは
  逃げ出したにちがいない

  その場合
  死に場所も違っただろう

  逃げ出す力も無かった場合は
  ただただ横たわるしかないが
 
  それを見たわたしが
  動物病院におこげを
  連れて行くのは必至

  おこげの恐怖は
  どんなだったか

  戸を開けないで
  よかった

  しずかに
  恐がることなく
  大往生で
  息をひきとることができて
  ほんとうによかった

  そう
  思うことが
  できたのである



おこげ、よかったね。

もうひとつ、ミケマルの話をまた明日以降に♪

 ※水色部分は引用
CATEGORY : 本・映画など | THEME : 猫のいる生活 | GENRE : ペット

☆お知らせ

管理人に余裕がないため、しばらくコメント欄を閉じます。 ただの独り言ブログになってしまいますが、 ときどき遊びに来ていただけると嬉しいです。
こちらでの出会いは私の宝です。 今まであったか~いコメントを沢山いただき、 どうもありがとうございました。



最近の記事

ご訪問ありがとう♪



カテゴリ

猫 (83)
猫の動画 (22)
昆虫、他の生き物 (11)
日々あれこれ (110)
ベリーダンス (30)
本・映画など (34)
アート (11)
お出かけ (50)
かながわ (24)
とうきょう (10)
ぐんま (4)
しずおか (7)
やまなし (2)
ふくしま (1)
ながの (1)
ライブ (7)
タベモノ (16)
モノ (7)
未分類 (0)



プロフィール

ラテモ

Author:ラテモ
なにげない日々にあるキラキラをすくいとりたい、という気持ちで書いていきます。

ラテモ:猫・生き物・本・
     ベリーダンスが好き。
ミレモ:夫。外出と車が好き。
     ここに載ってる写真はミレモ
     が撮ったものも多いです。
モモ:デレンコな長女ニャンコ(スコ)
    2006/1/28生まれ
ラテ:オキャンな次女ニャン(mix)
    2006/5/28生まれ(推定)



リンク

このブログをリンクに追加する



高尾山にトンネルを掘らないで



グリムス



blogpet



検索フォーム



月別アーカイブ



最新トラックバック



RSSリンクの表示



モンプチのキャンペーンをチェック

モンプチ オフィシャルメンバーズクラブ エスパス モンプチ



英検2級単語ドリル


英語のゆずりん



お家を探してます

いつでも里親募集中



08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
Copyright © ラテモ☆ステップ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。